=================================


ブログ移転しました

今後はAmebaOwndの方に投稿していきます


                   2015.04.08

=================================



banner.jpg

所属している団体です。



↑のコミュニティにて、時々ニコ生配信しております。

2015年01月01日

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

去年の今頃はモンハンで忙しい毎日でしたが
今年はパズドラとチェンクロで忙しい思いをしております。
といってもスタミナ切れたらやること無いのですけどね。

この時期になると毎年言ってますが
今年こそはブログの更新頻度を増やして行こうかなあと思ってます。
あと、配信も再開したとはいえ週1も出来てないので
毎日、配信かブログの更新のどちらかをやるのが理想ですね(あくまで理想です)。

という事で今年は質より量を目標にやっていきたいと思っておりますので
皆様よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ←いままで"質"があったのかって人はクリック
posted by あきやま at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

【麻雀】オーラスの条件を計算するソフト

数ゲームのトータルで優勝を決める大会等で
たまにオーラスの優勝条件が複雑になったりする事があります。


例えば、オーラスに↓みたいなポイント状況になった場合
(順位点「50/10/-10/-30」の協会ルール)

トータルポイント
  A    B   C    D
▲25.5 ▲47.5 +17.6 +55.4

持ち点(親はD)
  A    B   C    D
25800 27500 25700 21000


Aさんは誰から何点和了れば優勝できるでしょうか?


というのを計算してくれるツールをネットで探してみたのですが
みつからなかったのでエクセルで作ってみました。


↑の答えはこうなります。


無題.jpg


ま、実戦では使用できないでしょうけどニコ生観戦とかで
解説陣の計算結果を待たなくていいくらいの使い道はあると思います。

エクセルファイルはここからダウンロードできます。
興味があったら使ってみてください。


グーグルのスプレッドシートならスマホでも使えるらしいので
グーグルドキュメント形式でアップロードしたのがこちら
共有になってるので誰でも編集できます(コピーして使う方がいいと思います)。
自分はスマホ持ってないので本当に使えるかどうかは試していません。


使い方は取扱説明書にも書いてありますが
上部の太枠内の必要事項を入力するだけです。


あと、作りながら部分的にテストはしましたが最後にコピペ&置換で繋ぎ合わせ
完成した状態でのテストをほとんどしてないので、バグが残っている可能性が高いです。

どれほど需要があるか分りませんが、不具合が見つかった場合
ツイッターかブログの方へ連絡いただければ可能な限り修正いたします。

というか、今までこういう製品が無かったという事は
需要無いんでしょうね(´・ω・`)

人気ブログランキングへ
posted by あきやま at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

コンピュータ麻雀

将棋ではコンピュータがプロ棋士相手に勝つという時代になってきましたが、麻雀の方ではどうでしょう。

自分の知る限りでは、未だ、プロ・アマ問わず、人間側の強者(麻雀の場合、必ずしも「プロ=最強」では無いというところもあるので、プロとの比較だけでは不十分でしょう)に勝ち越す事ができるソフトというものの存在を聞いた事はありません。

ただこれは、麻雀が将棋やチェスよりも難解(複雑)で強いソフトを作るのが比較的難しいゲームであるという事では無く、単純に、強い麻雀ソフトを本気で開発しようとしている研究者がほとんどいないといった理由からだと思われます。


もし、将棋やチェス、そして囲碁並に多数の研究者達のエネルギィが注がれれば、麻雀の場合、割と容易に人間に勝るソフトが出来上がってしまうんじゃないかと自分は思っていますが、

麻雀と同じく不完全情報ゲームのポーカーにおいても未だ最強ソフトが完成していないという事を考えると、麻雀のプログラムも結構難しいのかもしれませんね。



また、たとえ最強のソフトが完成したとしても、麻雀の場合それを証明する手段が面倒そうです。


そもそも、人間側のトッププレイヤというのも現状でははっきりしていない部分もあり、「誰に勝ち越せば最強なのか?」という疑問が出てきます。しかも、短期の結果では信頼性が低いので最低でも半荘1000回くらいは戦わなければならなくなるでしょうが、それに付き合える人間(誰もが認める強者で尚且つボランティア精神のある人)がいるかどうかもわかりません。


もちろん、同一面子で1000半荘という決め方ではなく、例えば、ネット麻雀の「天鳳」上でプログラミングを走らせ(もしくはコンピュータの選択した打牌を人間が代わりに操作し)、10段もしくは天鳳位になるとか、鳳凰卓で1000半荘以上打って安定段位10段以上を維持する等で、ある程度の強さを証明する事はできるでしょう(少なくとも天鳳勢は最強と認めるでしょう)。


しかし、世の中にはネット麻雀のレベルを軽視している層も少なからず存在しますし、ルールの違い(天鳳の場合、特にラス回避という特殊なルール)やらなんやらとか、リアル特有の、仕草や打牌の強さで相手の手牌や思考を読むとかどうたらとかで、結局、全ての打ち手を納得させる方法というのは、コンピュータに限らず人間の打ち手にも無いといったところが現状かと思われます。


麻雀は4人でやるゲームという点においても取り決めが面倒そうですね。

コンピュータ3人(?)対人間1人でやるのが1番紛れが少なそうですが、コンピュータ同士でコンビ打ちするんじゃないか等、システム厨みたいな意見も出てきそうです。かといって、人間を2人以上入れたら入れたで、コンピュータには負けたくないという心理が働いて、対戦相手の人間に有利な選択を無意識でしてしまい、正確な実力を測れない可能性もありえます。



と、色々とクリアしなければならない問題が多そうな事を書いてきましたが、

麻雀の場合、結果ではなく過程を見せる事で、強さを証明出来なくもない面もありますし(各団体のタイトル戦や「四神降臨」、「天鳳名人戦」等のネット配信で、対局者の強さを感じとれた部分もあると思います)、少ない局数のイベント的な対局でも、高い評価を得る事は可能でしょうから、是非とも開発(研究)者の方たちに頑張ってもらって、近い将来、麻雀版「電王戦」が行われるのを期待したいですね。



人気ブログランキングへ
posted by あきやま at 23:29| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

12月の予定☆

1日 仕事
2日 仕事
3日 仕事
4日 仕事
5日 仕事
6日 台東区老人福祉センター麻雀教室
7日 仕事
8日 仕事
9日 C2リーグ最終節
10日 仕事
11日 仕事
12日 仕事
13日 仕事
14日 仕事
15日 雀竜位B級
16日 雀竜位B級
17日 仕事
18日 仕事
19日 仕事
20日 台東区老人福祉センター麻雀教室
21日 仕事
22日 仕事
23日 仕事
24日 仕事
25日 仕事
26日 仕事
27日 仕事
28日 仕事
29日 仕事
30日 仕事
31日 仕事

人気ブログランキングへ
posted by あきやま at 23:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

【天鳳】【配信】特上にあがりました

ニコニコ生放送で実況と自戦解説をしながら打っている天鳳にて、ようやく特上卓に上がることが出来ましたので、そこまでの成績を残しておきたいと思います。ま、特上で5回打った分も含まれていますが。

-------------------------
■全期間 / 段位戦 4人打ち
四段 840pt R2008
対戦数: 58+56+38+23 = 175
1位率: .331 (58回)
2位率: .320 (56回)
3位率: .217 (38回)
4位率: .131 (23回)
飛び率: .017 (3回)
通算得点 : +1758.0
平均得点 : +10.04
通算順位点: +1230
平均順位 : 2.14
配牌数: 1115回
和了率: .262 (293回)
放銃率: .104 (116回)
副露率: .356 (397回)
立直率: .193 (216回)
-------------------------

ほぼ東風戦です。(特上の5回を引いて)170回中、東南戦は20回くらいでしょうか。

鳳凰卓へ行くと配信できなくなってしまいますが、今後も一応は上の段を目指すという形で配信を続けていきたいと思います。

自分の考えをリアルタイムで伝えながらの対局配信というのが天鳳を打つ一番の理由ですので、七段まで上がることが出来た場合、鳳凰卓でも打つかどうかは迷うところですね。

まだまだ、先のこと(上がれない場合もありますし)なので、その時になったら考える感じです。

雀荘戦で配信するのが一番の理想形なんですけど。卓たってないんですよね…



人気ブログランキングへ
posted by あきやま at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。